トピックス


熱戦が繰り広げられたバレーボール大会

▲優勝した鳥羽チアーズV.B.C
 第7回JA鳥羽志摩杯スポーツ少年団バレーボール大会を10月19日、磯部中学校体育館で開催しました。今年は管内から6チームが参加し、熱戦を繰り広げました。
 試合前に設けられた練習時間には、気合の入ったレシーブやアタックの練習が行われ、選手たちは試合本番さながらの練習に汗を流しました。試合では各チームが優勝目指して一丸となり、声を掛け合いながら戦いに挑み、熱戦の末、鳥羽チアーズV.B.Cが優勝しました。大会結果は以下のとおりです。(敬称略)

大会結果
優勝 鳥羽チアーズV.B.C
準優勝 TOBA EAST Jr.
   
最優秀選手賞 大木 恵衣 (鳥羽チアーズV.B.C)
優秀選手賞 松本 紗知 (鳥羽チアーズV.B.C)
  鶴田 恋  (TOBA EAST Jr)


人形供養祭と終活フェア開催


▲納められた人形に別れを告げる参列者
 11月9日、虹のホールあごで第5回人形供養祭と終活フェアを開催しました。この日はあいにくの雨でしたが、約140名が来場し、参列者は僧侶の読経とともに長年一緒に過ごした人形やぬいぐるみなどに焼香を行いました。
 また、この日は終活フェアと納棺の儀の実演も同時開催し、98名の方に参加していただきました。参加者には「JAオリジナルエンディングノート」が配られ、これからの人生をより良いものにするためにはどう過ごすかや、エンディングノートの書き方の講演が行われました。その後、納棺師による実演が行われ、肌を見せずに白装束と紫羽織に着替えさせる作業には来場者も見入っていました。


「ふれあいの集い」で楽しいひとときを


▲踊りを披露する女性部員
 10月30日、女性部本部役員7名と磯部支部が鳥羽市の「陽光苑」を訪問し、ふれあいの集いを開催しました。開催にあたり「みんなで楽しみましょう」と谷眞佐子部長が挨拶。本部役員らがしゃもじを使ってきよしのズンドコ節にあわせて健康体操を行うと、利用者の方たちも手や腕を動かしながらリズムにのっていました。また民謡踊りや男踊りが披露され、華やかな衣装に身を包んだ磯部支部のフラダンスではアンコールが出るほどの息ぴったりの踊りを披露しました。
 最後は全員で「北国の春」と「ふるさと」を合唱し、小林二三代副部長より「またここへ来るときまで元気でいてください」と挨拶し、記念品が贈呈されました。
 利用者の方からは「また来てくださいね」と声をかけていただき、楽しいひと時はあっという間でした。


伍代夏子&マロン陵ショー
歌にトークに大盛り上がり

▲伍代夏子さんとJA職員
▲マロン陵さん
 10月26日、阿児アリーナで「組合員の集い 伍代夏子&マロン陵ショー」を行いました。これは軽飲料などを購入いただいた方を対象に招待を行っており、今年は約2,600名の方々に来場していただきました。
 青を基調とした着物で登場した伍代さんは、美しい歌声を披露しながら観客に手を振ったり、衣装を変えて登場すると、客席に降りて握手に応えるなど来場者を楽しませていました。また、マロン陵さんはものまねと軽快なトークを披露し会場を盛り上げていただきました。
 たくさんの方にご来場いただき、ショーは大盛況に終了することができました。ご来場の皆さま、ありがとうございました。


じょうずに作れるかな?あぐりスクールで収穫祭

▲青空の下、料理をするこどもたち
 10月25日、第9回あぐりスクールはJA役職員、女性部本部役員、新入職員ら約50名が参加し、阿児町神明の長沢育種苗施設で収穫祭を行いました。秋晴れの空の下、自分たちで種まきや定植をした人参や里芋、じゃがいもなどを収穫しました。その野菜を使ってカレーを作り、8月に収穫をしたお米と一緒にみんなでおいしくいただきました。
 その他に加茂牛のバーベキューや、みんなで一生懸命掘ったサツマイモをもみがらで焼き芋にしたりと、子どもたちは楽しそうに走りまわっていました。
 また、新予約商品のりんごジュースと市販の濃縮還元ジュースとの飲み比べも行い、国産りんご100%でできている新予約りんごジュースの味にみんな感動していました。


磯部女性部「ひまわりふぁーむ」本格始動

▲設置した看板の前で
 女性部磯部支部は、JAが所有の穴川用地を有効活用するため、7月にサツマイモと枝豆の定植を行い、「ひまわりふぁーむ」と名付けました。
 この土地は以前より活用方法について検討が行われており、10月に鳥羽マルシェがオープンしたこともあって、磯部支部から出荷に向けて土地利用の提案がありました。
 10月16日、良く晴れた空の下で部員の立会いの下、真新しい看板が取り付けられました。そして、7月に定植したサツマイモは11月に磯部女性部員らで掘り取りが行われ、初めての収穫の出来を確かめながら今後はこの土地に合う品目を検討し、作付け計画を立てる予定です。



戻る